ラクトフェリンの効果的な摂取方法

ラクトフェリンの効果的な摂取方法

ラクトフェリンサプリをできるだけ効果的に摂取したいということは誰でも思うことかもしれません。さて、どんな飲み方がいいのでしょう。いろいろな面から考えてみましょう。

 

ラクトフェリンを飲むタイミング

ラクトフェリンはもともと食品なので、飲むタイミングは特に問題ありません。それより大切なことは毎日忘れないように、同じタイミングで飲むことではないでしょうか。例えば朝食の後など外出する前なら忘れにくいのでは。毎日違ったタイミングで飲むとどうしても忘れがちになるのでタイミングを決めておくといいようです。

 

ラクトフェリンは熱に弱い

ラクトフェリンは熱と酸に弱いと言われています。そのためラクトフェリンを腸までそのままのかたちで届けることを重要視しているライオンでは、腸溶のカプセルなどによって胃酸などに分解されないサプリを作っています。しかし逆に森永乳業では胃酸などに分解されてもラクトフェリシンという別の成分としての期待ができるので、特に腸までそのまま届けることを重要視していません。

 

ライオンなどの腸溶カプセルを使用している場合、腸まで届くという腸溶カプセルの機能を損ねたいために。また森永乳業のように普通タブレットに包まれたラクトフェリンを熱から守るためにも、サプリの摂取と同時に熱い飲み物を飲むことは避けましょう。

 

どのぐらい続ければいいのか

ラクトフェリンを感じるためには、どのぐらいの期間が必要かということも、気になるところではないでしょうか。しかしこれは個人差もあるので、いつまでという言い方はふさわしくないようです。しかしラクトフェリンを研究している機関などでの臨床試験の多くが8週間の変化を報告しているところから、一応8週間を目安に摂取してみるのもいいのではないでしょうか。

 

またラクトフェリンを感じられたら終了ではなく、逆にそこから毎日の元気のためのサポートとして摂取をきちんと考えたいものではないでしょうか。薬ではないので不調な部分を治すというイメージで飲むのではなく、毎日の元気のためのサポートとして摂取することで、さまざまな嬉しい作用を感じることができると言えるのです。