ラクトフェリンで更年期を乗り越えるお手伝い

ラクトフェリンで更年期を乗り越えるお手伝い

45歳を過ぎると、そろそろ更年期が訪れる年齢となります。人によって更年期障害が起こる人もいます。そんな難しい時期をどのように乗り超えるか。そんなときにラクトフェリンも更年期を上手に乗り超えるお手伝いとしてプラスしてみませんか。

 

更年期について

更年期とは閉経を中心に前後5年の10年の期間を言います。人によって更年期障害が出る場合もあり、その症状の重さや期間もまちまちです。また閉経も人によって差がありますが、平均として大体50〜55歳と言われています。

 

この時期はエストロゲンが急激に落ちて行く時期ですが、体がそれに追いついて行けずに悲鳴をあげてしまっている状態が更年期障害なのです。エストロゲンが急激に減少するためホルモンバランスが崩れ、さまざまな症状が出ると言われています。

 

毎日のすっきりと更年期とラクトフェリン

更年期障害がある場合、それをラクトフェリンが治してくれるというものではありません。しかしラクトフェリンのさまざまな健康サポートが、更年期の状態の女性に良い影響を与えてくれることもあります。また更年期の年代になると腸の中の善玉菌が減ってくると言われていますが、ラクトフェリンは毎日のすっきりのお手伝いもしてくれます。

 

内臓脂肪と更年期とラクトフェリン

またエストロゲンが減少してくると、内臓脂肪が溜まりやすくなりますが、ラクトフェリンは内臓脂肪低減のサポートも大いに期待されています。このようなことからも、ラクトフェリンは更年期を上手に乗り超えるお手伝いをしてくれるのではないでしょうか。

 

老化と更年期とラクトフェリン

やはり更年期は老化も激しくなります。そんなときラクトフェリンは活性酸素が過剰に発生することを抑えるサポートもしてくれるのです。活性酸素は細胞の老化の促進や、ときには細胞を傷付けてしまいます。そのため活性酸素はできるだけ抑えたいものですが、特に加齢やストレスなどによって溜まってしまうのです。

 

更年期はもともと火照り、イライラなどさまざまな不調によって、ストレスを抱えやすい時期でもあるのです。そのため少しでもゆったりとしたストレス解消の時間を持つようにしていきましょう。

 

骨のスカスカと更年期とラクトフェリン

骨にはカルシウムなどから骨をつくる骨芽細胞と、骨を壊して体にカルシウムを補給する破骨細胞があり、女性ホルモンはこれらの細胞のバランスを取ることにかかわっています。しかし閉経に向って更年期にはエストロゲンが急激に減ってしまうので、骨細胞のバランスが乱れてしまうのです。

 

それによって骨芽細胞の活動が低下してしまい、逆に破骨細胞は低下せずにどんどん骨を壊していきます。そのために骨のスカスカになるリスクが高まります。ラクトフェリンは破骨細胞の働きを抑えるサポートと、骨芽細胞の生成を促進するサポートという働きがあるため、骨のカスカスを抑えるお手伝いとしても期待ができるのです。